業者におまかせ!必要なスペックを希望するだけ

業務に必要な性能を予算内でまとめることは難しい

法人向けパソコンは、業務に必要な性能と安定性のバランスを考慮して最適な組み合わせでまとめられたパソコンが必要です。なぜなら、中長期的な事業計画に基づきパソコンの入れ替えも順次進めて行かなければならないからです。個人向けのパソコンとは異なり、求められる性能に安定性と業務内容に対する相性という問題がつきまといます。そして、動画圧縮については必要な命令セットとの組み合わせにより、圧縮作業に必要な時間が大きく異なりかねません。CPU1つとってもモデルナンバーだけでは必要な性能を性格に把握することが難しいので、業者に任せれば見積もり段階で3年後まで運用できる性能かどうかの評価も行ってもらえます。3年間使うパソコンと5年間使うパソコンでは、そもそも業務に耐えられる最低限の性能が異なります。

必要なスペックを把握することに専念出来る

業務を円滑に進めるために必要なスペックを見極められれば、業者に見積もりを任せるだけで複数の組み合わせで法人向けパソコンをカスタマイズした状態で提案してくれます。個人向けパソコンとは異なり、業務に必要ないソフトウェアは導入せずに納品してもらえるので、本当に業務で必要なスペックのみを把握した上で発注依頼をかけられるでしょう。また、予算内に納めるために業務に必要なスペックの洗い出しを手伝ってもらえる可能性もあります。1つの事業所で同一の法人向けパソコンを導入する必要は無く、ベースは同じであっても部署ごとにカスタマイズした上で納品してもらえる点が業者に任せるメリットです。法人向けパソコンは、事業者が本当に必要な性能のみを追求して組み上げることが出来ます。