環境もそのままに!法人向けパソコンで快適作業

OSの機能やバックアップソフトを活用する

法人向けパソコンはインストールされているソフトが最小限なので、環境を移行するときの作業もスムーズに行えます。移行元のパソコンからデータをコピーするだけでほぼ同じ環境を作れるので簡単です。データの移行にはOSの機能やバックアップソフトなどを使う方法もあります。環境設定をそのまま引き継げるソフトもあって便利です。手動でデータをコピーする方法もありますが、容量が多い場合は時間もかかるのでOSの機能やソフトを使ったほうが良いでしょう。データを移行する前に、新しいパソコンをインターネットに接続しておくことも大事です。ソフトによっては、インターネットに接続している状態でないとデータを移行できないこともあります。

OSの更新が終わってからチェックする

データの移行が終わったら、見落としがないかもう一度確認してみて下さい。移行直後にチェックしておけば、見落としがあった場合でもその場ですぐにデータを移せます。必要なデータをすべて移行できたら環境設定を見直していきましょう。メールソフトやブラウザなどよく使うアプリから確認していくのがおすすめです。今までと同じように使えるか、作業を一通り行ってみるのも良いかもしれません。設定が上手くいかないときは、OSの更新が終わっていない可能性もあります。OSの更新中は環境が安定しにくいので、更新が終わってからチェックしてみて下さい。以前と同じ環境に設定すればパソコンも快適に使えるはずです。作業は焦らずじっくり進めていきましょう。