これで大丈夫!導入前によく相談

修理やクリーニングの際に追加料金が掛かるか確認しよう

法人向けパソコンの導入前にはメーカーの担当者とよく相談をして、導入後にトラブルが起こらないように気を付けることが大切です。例えば、アフターフォローの依頼方法やサービスの内容については、それぞれのメーカーの方針やプランの種類、機種などによって大きな違いがあります。そのため、各メーカーの主力製品のカタログを参考にしたり、専属のオペレーターにアドバイスを受けたりして、時間を掛けて安心して使い始めることができる法人向けパソコンを選択することが大切です。特に、将来にわたり修理やクリーニングなどの出費を可能な限り少なくしたい場合には、早いうちに顧客サービスが優れているメーカーと購入契約を結ぶことがポイントです。

人気の機種の平均的な電気代も調べておこう

社員数が多い職場に法人向けパソコンを導入する場合には、購入費用やスペックばかりでなく、毎月の平均的な電気代についても詳しく調べておくと良いでしょう。一般的に、省エネ設計の最新型の法人向けパソコンは、一台あたりの月々の電気代を五百円未満に抑えることもできます。そのため、少しでもランニングコストを削減したい時には、多くの企業内に普及している製品の特徴を正しく理解することがおすすめです。また、法人向けパソコンの電気代節約のポイントを押さえるために、仕事の合間を縫ってIT系の情報誌に目を通したり、法人顧客に対する相談対応がしっかりと行われているパソコンメーカーに直接問い合わせをしたりすることが肝心です。