コストはいくら?法人向けパソコンの選び方

最新型の製品は十万円を超えるものもある

最新型の操作性や画面の見やすさ、セキュリティなどにこだわりがある法人向けパソコンの中には、一台につき十万円以上の導入コストが掛かるものが多くあります。特に、日々の業務の中でパソコンを使用する時間が長い場合には、業務の効率化を図るために、可能な限り高額な製品の購入をを検討することがおすすめです。また、法人向けパソコンを扱うメーカーに直接注文をする場合には、購入台数によって値引きをしてもらえるケースもあるため、早期に担当者に予算を伝えて積極的に交渉をすると良いでしょう。 なお、従業員数や事業の内容などによっては、法人向けパソコンを購入するよりもリース契約やレンタルの方がトータル的にコストを安く抑えられることもあります。そのため、様々なケースを想定して慎重に導入方法を考えることが大切です。

発売から数年が経過しているものは格安価格で購入できることも

発売から数年が経過している法人向けパソコンは、スペックや機能などの面でやや難があるものも少なくありませんが、一台あたり五万円から十万円ほどで購入することも可能です。特に、リーズナブルな価格帯の法人向けパソコンを優先的に選びたい時には、オーソドックスな機種の販売を行っているパソコンメーカーのオンラインサイトをチェックすることがおすすめです。また、パソコンの導入をした後に掛かるコストは、それぞれの機種の耐久性や主に使用されているパーツの種類などによって大きな差が出ることがあります。そこで、時間があれば法人に対するサポートがしっかりとしているパソコンメーカーに相談をして、具体的なランニングコストについて概算を出してもらうと良いでしょう。